引越し業者 福島

引越し業者福島はこちらがおすすめ

福島 引越し 見積もり

福島 引越し 価格

福島 引越し 相場

福島 引越し 料金

福島 引越し 激安

 

福島県の引越し業者を検索すると、200件以上ヒットします。
そんな多くの引越し業者の中から、1つだけ選ぶのはなかなか大変な作業です。

 

引越し業者選びなら、無料の見積もりサイトがオススメです。
1回情報を入力するだけで、最大10社からまとめて見積もりを取ることが出来ます。

 

福島 引っ越し

 

同じ条件で見積もりを依頼することで、引越しの相場や最安値の会社を簡単に探すことができます。

 

大きな家財だけ、冷蔵庫だけと言った単品運びも一括見積もりが可能です。

 

面倒な引越し業者選び、是非ご活用ください。

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3分で最もお得に!!

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

 

引越しの準備と手順

 

引越しには多くの準備が必要ですから、先に手順を知っておくと無駄が少なくだいぶ楽になります。
ぜひ一度、おおまかな手順を確認しておいてくださいね。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。
A荷物を梱包し、不用品は処分する。
B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。
C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。
D郵便局へ転送の手続き
E引越し当日
F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。
G荷解き
H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

引越しといえば引越し業者を決めてしまいたいところですが、まず新居が決まらないと正確な見積もりが出せません。
引越し費用は新居の物件にエレベーターがあるのかないのか、トラックを停める位置などによっても金額が変わります。
見積もりの依頼は、新居が決定したらすぐというタイミングがオススメです。

 

次に荷物の量ですが、荷物が多ければそれだけ大きなトラック、多くのスタッフ、多くのガソリンが必要となりますから、費用が当然高くなるのです。
不用品は引越し前にどんどん処分してできるだけ荷物を減らし、使わないものから梱包していきましょう。

 

市外への引越しなら、市町村役場に「転出届」を出しておきましょう。引越しの2週間前から提出することができます。
忙しくて出し忘れると提出しに前の市町村役場に戻るか、役所に連絡して書類を郵送してもらって送り返すなどとても手間がかかります。
市町村役場に行きましたら、国民年金や国民健康保険、児童手当などの手続きが必要かも聞いてください。

 

2週間くらい前になると電気・ガス・水道業者に連絡して、引越し日までの費用を日割り精算してもらう手配をしましょう。
手続きの方法は各会社で異なりますので、まずは電話にて連絡を。
同一市内の引越しなら、引越し日に新居で電気・ガス・水道を使えるように手配してもらってくださいね。

 

さて引越ししたら郵便物が届かなくなったというのは不便ですね。
最寄りの郵便局に行って「転送届」を提出すれば、1年間は郵便物を新居に転送してくれます。
その間に「引越ししました」という連絡を、友人や知人に手紙やメール、LINEなどでお知らせしてください。

 

引越しの当日、運ぶものはすべて引越し業者におまかせして、あなたは家具や家電の配置を引越し業者のスタッフに指示してください。
あらかじめ決めて紙に書いて渡しておくとスムーズで便利です。

 

しかし貴重品、高級品、貴金属、お金、パソコンのデータ、遺影、位牌など大事なものは自分で運んだ方が安心です。
これらは破損して保険を使ってもお金で解決できるものではありませんので、自分で管理して大事にしてください。

 

引越ししてから2週間以内に新居に最寄りの市町村役場に行き、市内引越しなら「転居届」を、市外引越しなら「転入届」を提出しましょう。
これで選挙のお知らせなどが届きます。

 

最後に運転免許証やパスポート、保険証など身分証明書になるもの、銀行やクレジットカード会社、保険会社などにも住所変更をお知らせしてくださいね。
放置すると大事なお知らせが届かなかったり、いざ使おうと思っても使えないなどのトラブルにもなりかねません。
忘れないうちに行ってください。

 

 

引越し料金の仕組み

 

引越し仕組み

 

引越しの費用は荷物の量に比例し、荷物が多いと経費もその分かかります。

 

同じ一人暮らしでも、本やゲームなど荷物の多い人や大きな家具がある人は費用がかかりますし、荷物が少ない方は単身パックが使えますので費用が安いです。
単身パックはコンテナボックスLサイズ〇〇円と費用がわかりやすくかつ安価なのが特徴です。

 

荷物が多ければそれだけスタッフの人数は多く必要となり、大きいサイズのトラックを用意するのでどうしても費用は高めです。

 

よく引越ししてからゆっくり荷物を分別するつもりの方がいるのですが、それですと不用品の分の送料も支払う計算になります。
引越し料金を少しでも安くしたいなら、分別は引越し前にしたほうがいいです。

 

引越しの見積もりの際に捨てるつもりだった家具が引越し当日に残っていたりするとトラブルの原因になります。
トラックにすべて詰め込めない・追加料金が発生したなどのトラブルがあります。
見積もりの際に処分しているつもりのものは必ず処分しましょう。

 

しかし仕事が忙しくて処分が間に合わなかった場合は、当日までに引越し業者に連絡しておきましょう。
当日何も聞かされていない状況で、荷物が入りきらないなんていうのは一番避けたいですね。

 

 

引越しの挨拶

 

引越し挨拶

 

引越ししたら挨拶に行かれますか?
最近は「行かない」という人もいますが、挨拶をしておくとその後の印象が全然違いますので面倒と言わずにご近所への挨拶はしておきましょう。

 

では引越しの挨拶はどこまで行けばいいのでしょうか?

 

マンションやアパートなら上下左右の部屋の方に行くのが一般的なのだそうです。
大家さんが近くに住んでいるならそちらにも、管理人さんがいる場合はその方にもご挨拶しておくといいと思います。

 

一戸建ては昔から「向こう三軒両隣」と言って、自分の家の向かい側3軒と左右隣の2軒、合計5軒に挨拶するのが一般的です。
一軒家はマンションのような住人専用のゴミ収集所がないので、町内で当番制でゴミ捨て置き場を管理していることが多いです。
ですから自治会長さんにもご挨拶してゴミのルールなどを聞いておくと安心ですね。

 

もちろん挨拶だけ行くという方もいますが、簡単な粗品があったほうが何となく行きやすいかと思います。
粗品は500〜1000円程度のものが良いです。
あまり高級なものだと相手が気を使ってしまいますので。

 

どのようなものを用意するかは人それぞれですが、洗剤やタオル、ラップなどの実用品からお茶、コーヒー、クッキーなどのお菓子などが多いようです。

 

引越しの挨拶は、引越ししたその日か遅くても翌日には行った方がいいです。

 

日が経つと段々面倒になること、バッタリ外であったりしてタイミングを逃したりすることがあります。忙しいですが、合間をぬってご近所にご挨拶しておきましょう。

 

 

引越し費用を安くする方法

 

引越し費用を安く

 

引っ越し費用を少しでも安くしたいけど具体的にどうすればいいかわからない。
引っ越し費用は、荷物の量に比例して高くなります。ですから引越しにかかる料金を安くしたいのであれば荷物をできるだけ減らすことです。

 

そして3月前後は繁忙期で、1年で一番引っ越し費用が高い時期です。
できるのであればこの時期は避けて引越ししましょう。

 

どうしても繁忙期を避けられないのであれば、引っ越し先の住所がわかったらすぐに複数の引越し業者に見積もりを取って契約してしまいましょう。 
引越しの準備が遅くなるほど費用が高い業者しか残らない傾向があります。

 

同じ様に土日祝日は引っ越し希望者が多いので、平日に比べると費用が高めです。
平日に引っ越しできるのであればそちらがオススメです。

 

ほかにも午前中より午後便や時間指定をしないフリー便は割引がありますし、遠距離であれば混載便を利用する方法もあります。
このように引っ越し費用は、割引される日にちや時間を利用すれば安くすることができるのです。

 

 

引越し業者の行うオプションとは?

 

引越しオプション

 

引越し料金は、交通費と人件費、それにオプション費用が合わさったものです。
ではこの「オプション費用」とはどんなもののことなのでしょうか?

 

引越し費用のオプションとは以下のようなものです。

 

@エアコンの取り付け・取り外し
Aテレビの取り付け・取り外し
Bハウスクリーニング
C車の陸送
Dピアノの運搬
Eペットの運搬
F殺虫サービス
G荷物の一時保管

 

エアコンは賃貸物件でも自分で購入して取り付ける人も多いため、引越しの際には新居に持って行きたいと思うのは当然です。
エアコンの移設は、引越し前に電器屋に取り外してもらい、新居でももう一度来てもらって取り付けてもらう必要があり、2回手配しないといけないので面倒ですね。
これが引越し業者のオプションに申し込めば、代わりに専門業者に連絡してくれるのでとても簡単に済みます。

 

引越し日には旧居と新居の2カ所とも念入りに掃除をする必要があります。
時間がない、妊婦である、小さい子がいる方などは、オプションのハウスクリーニングをオススメします。

 

運転が好きな方は、車なんて自分で運べばいいと思われるかもしれませんね。
しかしそれが出来ない人もいます。
長距離引越しの場合は、時間がない、自信がない、体力がない、妊娠中、小さな子がいるなどで運べないことも。
そういう事情のある方には、オプションの「車の陸送」がオススメです。

 

 

 

 

 

引越し業者山梨 引越し業者長野 引越し業者神戸