リフォーム 一時引越し

リフォームと一時引越し

引越し 一時

 

家を建て替える時やリフォームするとき、一度引越しをしなければなりません。
仮住まいでリフォームが完成するのを待って、完成したらもう一度引越しになります。

 

つまり短期で2回引越しするということになります。

 

一軒家に収まっていた荷物ですからそれなりの量があると想像しますが、これら全てを仮住まいに持って行くのは難しいです。
大きな物件が必要になりますし、引越し料金も高くなります。

 

ですからまずは家財の選別をして不要品は処分しましょう。
次に仮住まいでも使うものと使わないものに分けて、使わないものはどこかに保管してもらうのがいいです。

 

例えばレンタル倉庫ですが、ここを借りるには2ヶ月分の保証金、1ヶ月分の手数料、当月と翌月分の使用料、当月と翌月分の共益費、引き落とし手数料などいろいろな費用がかかります。そして手間もかかります。

 

そこでおすすめなのが、引越し業者の一時預かりサービスです。

 

引越し業者はリフォームなどの一時的な引越しを想定して、家財をしばらく預かる有料のオプションサービスを行っています。

 

保管期間に応じた保管料と、入庫や出庫の際にかかる運搬作業費などの費用はかかりますが、レンタル倉庫を借りるより手間が少ないです。

 

ただしこのサービスはいつでもどこの地域でも行われているサービスではありません。
もし利用を希望される方は早めにお問い合わせください。